しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



<スポンサーリンク>



猫暮らし2年。気をつけてること。

 

 

 

 

 

 

「猫暮らし歴2年ちょっと」

まだまだ新米です。

 

 

 

しじみと暮らし始めた時 

ネットで検索しまくったり、

本を読み漁ったり。

本の指示通りにならないと、泣いたり(恥)

焦ったり。まさしく、右往左往。

 

 

 

ネットで猫用品を選ぶときも

今だと、例えば、使い方を間違えたりして

ケチョンケチョンにけなしている方とかいて

「そりゃ、モノじゃなくアナタが悪い」

今は区別がつきますが最初は、

レビューにまどい選ぶ基準が

わからなくなって発狂寸前右往左往。 

 

 

 

 

今思うと、完全に肩の力入りすぎですね。

「幸せにしなくては!」

いや、そりゃもうそうなんですけど

そんなに力まなくても大丈夫。 

 

 

 

 

日常、「飼い主」が

絶対絶対気を抜くとこなく

気をつけるべきは、「安全対策」。

1に脱走 2に脱走。3.4がなくて5に脱走。

ゆーくらい、脱走防止。 

 

 

 

猫さんとのコミュニケーションに

欠かせないオモチャなども、

物によっては万が一飲み込んだら

凶器にしかなりませんので

遊んでいるとき、注意が必要ですが

脱走以上に恐ろしい事はない気がします。 

 

 

 なお、こうして挙げだすとキリがなく

食べてはいけないものも

もちろん、注意が必要です。

そして、意外と怖いのはお花やアロマ。

(書くまでもありませんが種類によります)

どちらも大好きですが、選別が面倒で

アロマ類はほぼ全て撤収し、

お花は買わなくなりました。

 

 

 

お花を貰うシーンが察知出来る場合は

「ユリは止めてね、マジ迷惑だから」

ま、さすがにこんな言い方はしませんが

猫の生死にかかわりますので、と

きっぱり伝えるようにしています。

↑他にも危険な植物は色々ありますが

アレンジメントに入りかねない率で、ユリ。

 

 

花やアロマなど、猫暮らししている人なら

気をつけていますが、暮らしていなけりゃ

そりゃ当然知らないわけで

意外とプレゼントされることが

多いアイテムなんですよね。

私も、猫暮らし始める前は貰って嬉しい

ものでしたし。

ですので、プレゼントのやりとりが

察知できる?関係の人には日頃から

さりげなく会話に織り混ぜるように

しております。

そして、それでもいただく事があります。

特にアロマ。ハハハ

 

 

 

 

なお、余談ですがこの経験を経て?

好き嫌いだけじゃなく

さりげなく食物アレルギーの有無を

人に聞くようになりました。

好きな食べ物の話、とかで

そのかたが食べられないのに

無神経な発言をしないように。

あ、気遣いアピールじゃないです。

あの、私ガサツでお口が上品じゃないので。

気遣いゆーか、自己防衛です。

私もね、ヤダって言ってるのに

おしつけてこられるのが

すっごくうっとーしータチなもんで。

 (親友は別。良く押しつけあってます)

 

 

 

 

 話がそれました。

 

 

 

 

やんちゃっこならば、他にも色々

あるかと思いますが

しじののは、なぜかこれまた危険率高い

キッチンも、勝手に線引きして

ほぼ侵入しません。

たまーに、しじみが入ってきて

スンスン床のにおいを嗅ぐくらい。

シンクにはあがったことがありません。

 

 

 

 

線引きはここ。キッチン入り口。
f:id:hiraryo0201:20170813080027j:image

しじみに早くごはーーーん。

 

 

 

 

 

人間の食事に興味を持つ事もなく

(おさしみの日は、お膝でスンスンと

鼻をひくひくしていますが)

しじののの揃って、

性格は違えどまさに猫ですが

行動は、猫としてはかなりおとなしい部類です。

神経質にならくても暮らしやすいというのが

おおいにありますので、継続的に

気をつけるべきは、 上に書いたことだけ、

というのもありますので

あくまでしじみ家の場合、です。

まさか、この日記を参考にはされないと

思いますが念のため。

 

 

 

 

 

そして、

最近これも絶対NGに加えました。

玄関立ち入り全面禁止。

 




f:id:hiraryo0201:20170813075437j:image

 

 

 

 

 

我が家は、玄関にたいして廊下からの

扉があり、しじののはドアを

開けきれないのでそこを閉めてしまえば

玄関の明け閉めの際に、

脱走の危険はまず、ありません。

その為いちおう、すり抜け禁止に

スクリーンと、ゲートを取り付けていますが

通常の出入りには使っていませんが

たくさん買い物をして(コストコ)

玄関を何度も明け閉めする際は

扉を閉めていても必ず使うようにしています。

というわけで、通常は

ほとんど開け放しにしておりましたが

ここにきて、ゲートを使って閉めるように

変更しました。

 

 

 

 

室内のドアは、基本的には

常に閉めていますが、帰宅後、

室内のドアをあけておくと

たまに、しじみちゃんが玄関探険を

楽しむので、アトラクションのひとつにして

存分に冒険し終えたら

適当な所で閉めていました。

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170813075845j:image

冒険、楽しい。

 

 

 

 

 

楽しんでいたので可哀想ですが、

ゲートを閉めるようにしたのは

脱走対策ではなく、感染対策です。

職種の詳細は書けませんが

今の職場は菌の研究等もしており 

手洗い推奨は言うに及ばず(悪い)菌を

家庭に持ち込む危険は靴にある。

まぁ、しごく当たり前ですけど

改めて聞くとしじののへの悪影響が怖く

特に絶対靴に触らせたくなく

玄関全面立ち入り禁止とした次第です。

※私が勝手に過剰に心配している、と

ご理解ください。

推奨しているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

今、どれにしようか

ポチを迷っているのはダニ対策。

何か存在を感じたわけじゃありませんけど。

でも、これもレビュー見てたら何が良いのか

わからんくなるーーーーー。

 

 

 

とりあえず候補は2つに

絞ってみたんですけど。

どちらを買おうか、もう少し悩んでみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、結局

なんだかんだ右往左往してますね。

 

 

 

 

 

 

それも、むべなるかな。

 

 

 

 

 

やんごとなきとこに

おしっぽをはさんだ無防備しじたん。

 


f:id:hiraryo0201:20170813080244j:image

 

 

 

 

大あくびののんぴ。

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170813080328j:image

 

 

 

こんなの家にいたら

右往左往するなってほうが、無理

( *´艸)

 

 

 

 

 

 

天使。

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170813080305j:image

ブヒー

 


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito


<スポンサーリンク>