読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



ネコトヒト,nekotohito
しじみ

nekotohito






<スポンサーリンク>



しじみちゃんがやってきた。~現実の始まり篇~

しじみちゃんとの記念日
妄想でしかなかった
しじみちゃんとの暮らし。


いざ来てくれたら
本当にドキドキするね。


可愛いくてドキドキは
もちろんだけれど、


ぬいぐるみじゃない。
ご飯も食べるし
おトイレもするし
感情だってあるし
病気もする。


様々な事を想定しての
お迎えだったつもり
だけど

いざ、
我が家で会ったら
物凄く緊張します。


グフグフ言ってる。
シャーもくらった。


想像では
とにかく何があっても
落ち着いて対処しよう。
しじみちゃんのペースで
慣れてもらおう。

と、
思っていたのに、


最初こそ
怖くないよー
怖くないよー
がんばれがんばれ

と、声をかけてたけど

だんだん不安がましてきて
ハウスにこもって
荒い息づかいだけが
聞こえてきたら


不安なのと
可哀想なのとで
泣けてきそうになったよ。


晩御飯の時間はこれまでより
ぐっと遅い20時に。
これまでは、
夕方にはみいさんに
出して貰えてたけれど
ウチに来たら、ウチ時間。



こっちの勝手で、ごめんね。



でも、なんか
箱から地鳴りのように
ゴーゴー聞こえるから、
食べないんじゃないかな。




が、勇気をだして

晩御飯をおだししたら


f:id:hiraryo0201:20150506234550j:image

なかなかの勢いで
お召し上がりになり



f:id:hiraryo0201:20150506234739j:image

探検も開始


f:id:hiraryo0201:20150506234823j:image

ちょいっと食べては探検。


繰り返す事3回


ご飯を食べたら
少し散歩?する気になるみたい。

でも、
今日はこのまま
ハウスに立て込もって
終わりかな?

と心配してたから
本当に良かった(^3^)/

お水もちょっぴり
飲んでくれたし、
あとはおトイレミッション。



f:id:hiraryo0201:20150506235130j:image

f:id:hiraryo0201:20150506235143j:image
どう?居心地は
よさそうかね?



f:id:hiraryo0201:20150506235228j:image
仲良くしようね。


ちなみに後からみいさんに
状況報告したら
お腹すいてて
怒ってたんじゃないか、
との
事。


…ごめんなさい(x_x)