読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



ネコトヒト,nekotohito
しじみ

nekotohito






<スポンサーリンク>



しじみちゃんを想う1月2日。

しじみちゃんカワイイ しじみちゃんと離れている時

 

 

 

1月2日

チーの実家に帰省がてら

少し仕事です。

 

 

チーのお母さんは

本当に

明るく優しく

実は私の母に

似ている気がしています。

生きていたら

もしかしたらこんな感じだったのかな?

と思うのです。

 

 

 

そんなお母さん、

前々から話していた

「猫を飼いたい」という事に

実は、少しだけ

反対していました。

 

 

 

「カワイイ」と引き換えに

生き物と暮らすに伴う責任や

生ずる不自由さ。

(お父さん・お母さんは

親戚が一緒に暮らせなくなって

お隣に住むチーのお兄さん家族が

引き取ったパピヨン・琥珀くんと

実質、ほぼ一緒に暮らしています。)

もちろん

ご両親ともに

すっかりその琥珀くんに骨抜きに

されています。

(特にお父さん(*´з`))

 

 

お母さんは

もちろんものすごく可愛がる反面

(夜も一緒にねんね)

ちょっとした外食もままならず

琥珀君中心の生活になり

 

 

私たちに

仕事に加え

そういった部分が負担になるのでは?

反対というか

心配してくれていたのです。

生き物はいったん一緒に

暮らしだすと

「やっぱり・・・」は

絶対に出来ませんから、

互いの為に、でしょうか。

 

 

 

なので

私の「家電好き」「ロボット好き」も

知っているお母さんには

「りょうちゃん!

あと何年か待ったら良い猫型ロボットが

でるだろうから

そっちにしたら良いんじゃない!?」

とお勧め??されていました。

お母さんらしい、明るく

大らかな代替え案です(*´з`)

 

 

結局

しじみちゃんと暮らす事になった

私たちですが

事あるごとにメールで

お母さんに

しじみちゃん写真を送り付け

 

 

お母さんも

メールの最後には

必ずしじみちゃんによろしく

と付け加えてくれます。

 

 

 

そんなお母さんに会える帰省は

本当に楽しみですが

やっぱり

頭からしじみちゃんの事が

離れません・・・

 

 

 

 

しつこく2015年の

お気に入り写真です。

 

 

 

 

 

 毛布の良さを

知り始めた頃の

しじみちゃん。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20151230134447j:plain

 

 

 

 

 

 

出張で不在が続き久々の私を

戸惑いつつ

出迎えてくれたしじみちゃん。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20151230134514j:plain

 

 

 

 

トンネルお遊び3連発!

正しい使い方では

ない気がしますが(*´з`)

 

 

なんだか強情そうなお顔です。

 

f:id:hiraryo0201:20151230134545j:plain

 

 

 

レーダー耳!

f:id:hiraryo0201:20151230134608j:plain

 

 

 

固まり中

f:id:hiraryo0201:20151230135354j:plain

 

 

 

 

 

奇跡のスタイル2枚!

どちらが本物に近いでしょうか

( *´艸`)

 

 

 

スタイル良バージョン

f:id:hiraryo0201:20151230134420j:plain

 

 

 

2頭身バージョン

f:id:hiraryo0201:20151230134631j:plain

 

 

 

 

 

 

ゴネるしじみちゃん。

f:id:hiraryo0201:20151230134852j:plain

 

 

 

 

本当に仰天した

キス顔。

f:id:hiraryo0201:20151230135412j:plain

 

 

 

 

 

 

 

明日は

しじみちゃんに

会えますよ!