読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。


ネコトヒト,nekotohito
バドくん

nekotohito




<スポンサーリンク>



しじみ家の旅の記録。~番外編~

 

 

 

 

突然ですが、私の「旅の友の条件」を。

条件、というと偉そうですが。

(*´з`)

 

 

f:id:hiraryo0201:20160420224946j:plain

まだ沖縄やんのーーー!

たいくつーーーー!!

 

 

・・・すみません。

沖縄話は、本当に今日が最後。

私の写真の撮り方は

じっくり構えるのではなく

(そもそもデジカメ)

ヒョイと取り出しパチッと撮る

ヒョイパチ方式なので

追体験が出来るような

素晴らしい写真ではありません。

なのに

長々お付き合いさせてすみません・・・

 

 

 

****************

 

 

私は旅が大好きです。

泊りでも日帰りでも。

旅、というとオーバーですね。

あちこち見て回るのが大好き。

これは

子供のころから

父があちらこちらと連れていって

くれたせいかもしれません。

 

 

旅orお出かけ=好奇心。

詳しくなくても

例えその場限りでも。

 ヘーッ!ホーッ!と

色々見て回るのが楽しいのです。

 

素晴らしい建築物でも。

自然が偶然見せる景色でも。

訪れた先の地元のスーパーマーケットでも。

 

 

 

話戻って「旅の友の条件」とは?

私はおしゃべりが大好きなのと

そのくせ、基本人見知りなので一人旅には

全く興味がありません。

とはいえ、相反するようですが

一緒に旅をするのは、

もしも旅先で興味の対象がわかれたら

じゃ、1時間後にこの場所で、

などどスッと別行動が出来る人。

 

せっかくだから・・・等々

「絶対に団体行動」を求められるのは

イ・ヤ!

(経験あり。)

 

 親友は皆「類友」。

個人行動上等!なタイプです。

あ、それと皆、超!食いしん坊( ´艸`)

 

 

チーと私もあちらこちらと出かけます。

夫婦だから、というのもありますが

「旅の友」としても気が合うのもありますね。

その点は良かったです。

 

 ただし、親友達と違うのは

待ち合わせを話し合っての別行動ではなく

チーが忽然といなくなって

私が隣にいるもんだと思って

一人で喋っていた、なんて事になり

あとから揉める事もありますが・・・

(・´з`・)

 

 

 さて、今日の沖縄番外編は

そんな私が一人で見つけた景色です。

 

 

 

~生き物たち~

f:id:hiraryo0201:20160420221335j:plain

↑これも↓これもヤドカリなんですよ!

オシャレなおうちにお住まいです。

久高島にて。

f:id:hiraryo0201:20160420221302j:plain

↓この写真の中に、数えきれないほど

無数の海の生き物がいます。

古宇利島にて。

f:id:hiraryo0201:20160420222303j:plain

真っ黒い蝶(アゲハチョウ?)が

ひらひらと飛び交っていました。

自転車をこぎながらの片手撮りなのでブレていますが。

写真には撮れませんでしたがイモリも。

街中でみかけると、ともすれば苦手な昆虫も

島では美しく感じます。久高島にて。

f:id:hiraryo0201:20160420221147j:plain

アザミでしょうか?

アザミなんて見るの何年振りだろう。

丸々とした蜂も。久高島にて。

f:id:hiraryo0201:20160420221443j:plain

首里城公園で見かけた蜂は

見慣れたシルエット。

f:id:hiraryo0201:20160420221624j:plain

 

 

 

 

 

 

~草・花・木~

 

さすが沖縄ですね。

あちらこちら気軽に?

ハイビスカスが咲いています。

f:id:hiraryo0201:20160420221700j:plain

f:id:hiraryo0201:20160420221540j:plain

f:id:hiraryo0201:20160420221648j:plain

久高島での一人散歩で見かけた

ワイルドな花たち。

f:id:hiraryo0201:20160420221246j:plain

f:id:hiraryo0201:20160420223610j:plain

大石林山で見かけた「親子」。

こういうふとした「カワイイ」を見つけると

得したキモチになります。

f:id:hiraryo0201:20160420221034j:plain

同じく大石林山にて。

いったいなんの植物でしょうか?

f:id:hiraryo0201:20160420221231j:plain

こちらは久高島にて。豆みたい。

おいしそう。

f:id:hiraryo0201:20160420221453j:plain

同じく久高島。「盆栽」の世界観のよう。芸術的です!

f:id:hiraryo0201:20160420222501j:plain

f:id:hiraryo0201:20160420222534j:plain

首里城で蜘蛛の巣のような植物。

そういえば、

シロツメクサも久々に見たな・・・

f:id:hiraryo0201:20160420221637j:plain

しかし、

ガジュマルとはものすごい存在感ですね・・・

f:id:hiraryo0201:20160420221509j:plain

 

 

 

~不思議~

 

 

久高島にて「世紀の発見かも!?」

一人色めき立ちました。(少し嘘。)

なんだろ、これ!?化石???

f:id:hiraryo0201:20160420221404j:plain

ふと見回すと

なーんだ、たくさんある!!

少し見渡しただけで

すぐにこれだけ集まりました。

ひとつ、旅の記念に持って帰りたいぐらいでしたが

神の島ですからすべて神様のもの。

ニンゲンは持ち出し禁止です。

f:id:hiraryo0201:20160420221328j:plain

黒いバージョンも。

こちらは転がっていたのではなく

がっちりと岩と一体化していました。

f:id:hiraryo0201:20160420221354j:plain

化石・・・???

f:id:hiraryo0201:20160420221419j:plain

 

 

 

 

どの写真も狙いすましたのではなく

そこここにそういった景色があるのです。

すごいなー。

 

 

 

 ~食べ物~

 

実は今回の旅で一番心に残った食べ物がこれ。

 

 

久高島で食べた「氷ぜんざい」です。

体調を崩し座敷で横になっているチーを後目に

景色の良い場所でひとりしゃくしゃくと

元気にいただきました。

f:id:hiraryo0201:20160420230613j:plain

黒糖のみつ。

黒糖は料理にコクを出すためには使いますが

独特の強い甘みがあるので「黒糖味」は

ふだんはそんなに好んで食べません。

せっかくだから、と注文してみたら

とんでもなく美味しかったです!!

 

 

シンプルな見た目ですが

食べ進めると中から「お宝」がざっくざく!!

●島の豆4種

(ぜんざい豆・小豆・千倍豆・うずら豆)

●島の麦(きな粉のような味)・島の塩

●よもぎと芋いり白玉 2種。

に、

●蜜・・・沖縄県産純黒糖

f:id:hiraryo0201:20160420230639j:plain

あまりのおいしさに夢中で食べました。

これに島の野草茶がついて550円!!!

あぁ・・・書きながら

また食べたくなりました・・・

 

 

 

ちなみに島の名産?は

「イラブー(うみへび)汁」。

 

旅好き、というからには土地のものを

なんでもチャレンジできると良いのですが

舌には冒険心と好奇心を持ち合わせていません。

残念です。

 

 

 

さて。

・・・・キリがないので、この辺で

おしまいとします。

長々お付き合いいただき

ありがとうございました★

しかし

何度訪れても沖縄は素晴らしい・・・

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160420221719j:plain

しじみちゃんは!?

 

 

 

 

しじみちゃんは

もちろん素晴らしいよ。

生きる芸術。

 

 

そうそう、シーサーを見かける度に

しじみちゃんに似ていないか

確認せずにはいられなかったよ!

一番似てたのはこれかな!!

 

 

f:id:hiraryo0201:20160420221010j:plain

 

 

 

どお?

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160420230028j:plain

知らないわ!もう沖縄の話いいし!

 

 

 

 

そーね、そーね。

つい、また言っちゃった!!

 

 

追伸

明日からはしじみちゃん話に戻ります。

 


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito



<スポンサーリンク>