しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



<スポンサーリンク>



しじみ家のこひめに「お客様」。



<スポンサーリンク>



 

 

 

 

 

 

 

私の大の仲良し、Wちゃんは大の猫好き。

しじみと暮らし始める前も

よく一緒に「猫暮らし」の妄想をしていました。

ですが

私とバッチリ気が合うWちゃん。

好奇心旺盛・食いしん坊。

「楽しい」「うーんイマイチかな」

不思議なほど「感覚」があうのです。

そして

「生き物と暮らす」ことに関しては

超慎重派なのも、一緒。

思い返せば、よく2人で

「猫暮らし憧れるけど・・・・・」

・・・・・の部分を語り合っていました。

 

 

「命」を抱えるのって勇気がいります。

 

 

そうこうするうちに

Wちゃんはお腹に「命」を授かり

私は、しじみに出会いました。

Wちゃんの強烈キュートなお嬢ちゃんは

もうすぐ2歳。

落ち着いた成猫ならともかく

「仔猫」と暮らし始めるには

少し、考える年齢です。

 

 

 

そんなWちゃんと食事をした際

しじみ・ののこ・こひめの写真をみせて

自慢しまくりました。

 

 

猫好き、といっても

Wちゃんは触れ合った事はありません。

私もそうでしたが、

「猫という存在が好き」であっても

なかなか触れ合う機会ってないです。

 

 

家には何かと遊びに来てくれています。

ですが、しじみのお接待は基本

良くて「見てもいいけど。」のレベルです。

触れ合うとはいきません。

 

 ミオマオ姉妹がいた時にも

遊びに来ていて、初「お触り」は仔猫でした。

なお、ののこもいましたが

その頃の、ののこは「世捨て人」ならぬ

「世捨て猫」状態でずっと横たわっており

なんというか………

成猫組がそんな調子で、お接待係りは

仔猫姉妹が務めてくれた次第です。

 

「お触りお初」体験が仔猫姉妹って・・・

・・・・・ねぇ?

あぁ・・また猫と触れ合いたい・・・・

とならないワケがありません。

 

 

ですから、こひめもコネにおいでよーーーー

その時に約束して、早速

「こひめ詣で」に来たWちゃん親子。

 

 

実は、その自慢写真見せまくり時点で

「こひめちゃんLOVE…迎えたい…」

Wちゃんの決心とかではなく、

あくまで感情が

ムクムクしていました。

とはいえ、まだ2歳にならない娘ちゃんと

元気いっぱい仔猫の、こひめ。

私もWちゃんも、迂闊なやりとりはできません。

 

 

事前に、仔猫といっても

ミオマオちゃんより成長しているから

〇引っ掻く可能性がある。

〇ガブガブする可能性がある。

という事を伝え

さぁ!いでよ!小さな暴れん坊姫こひめ!

 こひちゃんマン!

 

私とWちゃんの予定?では

暴れん坊姫がパワー全開!

娘ちゃんが、怖がって泣く

 

で、んー、やっぱり早いね。

今じゃ、ない。

Wちゃんの感情を静めてくれる、

ハズでした。

 

 

 

 

すると・・・・

予想外!!!

 

 

 こひめ、ビビリまくって

に、逃げようとしてるーーーーー

 こちらも驚いたのであまり、写真はありません。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094357j:plain

お外!?

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094404j:plain

上のほうがいいかな。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094400j:plain

 怖いよーーーーー

こないでーーーーー

 

 

 

 

この後、脱走防止柵を上まで忍者のごとく

よじ登り一同驚愕。

3段ケージもやすやすとのぼります。

登るとしても

ののこは、ゆっくり登りますが

こひめは早い早い!忍者です!!

 

 

捕らえてケージに入れても

こんなお顔・・・・

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094436j:plain

 こひめ、知らないヒト、コワイ。

 

 

 

怖がらせるのは本意ではないので

「隠れ場所」を設置して入れました。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094421j:plain

誰だろ・・・・

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094413j:plain

こひめ、危険なの?

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094416j:plain

 こひめ、どうなっちゃうの???

 

 

 

 

 

 

怖がるこひめには気の毒ですが

なんとなく嬉しい私とチー。

ちゃんと「認識」してくれてたんだね。

しばらくそっとしておくと落ち着いた様なので

チーがこひめをまずは落ち着かせます。

 

 

 

こひーーーー

チーの「神の手」マッサージだよ。

怖いの怖いの飛んでいけーーーー

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094424j:plain

飛んでかないもん・・・・

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094434j:plain

 飛んでか・・・・ん???

 

 

 

 

このあと、

Wちゃんにすっぽり抱かれて

娘ちゃんにも「お触り」されていました。

ですが

しばらくするとまた・・・・

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094438j:plain

やっぱりこひめ、怖い!

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094444j:plain

でも、気になるなーーーーー

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160825094448j:plain

なんだろなーーーーー

 

 

 

 

ふふ、こっちゃん( *´艸`)

 

 

そういうわけで、こひめと対面し

「驚きの身体能力を見せつけ」

「娘ちゃんを驚愕させ怯えさせ」

「Wちゃん、猫暮らしお預け」のはずが

 

「こひめ猫をかぶり」

「なぜか娘ちゃんが にゃんにゃんーー

と大喜び」

「Wちゃん、めっちゃ複雑」と

あいなりました。

 

 

うーん。

 困りましたね・・・

信頼できるWちゃんには

いつか「成猫」を保護してしまったら

「飼ってみない~成猫いいよぉ!」

なーんてセールスしてみようかと

思ってたりもしたのですが・・・

 (*´з`)

 

 

 

私とWちゃんで困惑しつつ・・・

そして

超慎重なWちゃんが

「いったん頭を冷やして」

自宅で旦那様と相談の結果・・・

 

 

 

こひめ

「お見合い」とあいなりました。

なお、お見合いもすでにすんでおり

サクッとご報告です。

 お見合いの結果

その時もこひめフリーズ気味だったので

何とも言えない感じでした。

 

 

 

私としては、

もちろんこひめがカワイイですし、

Wちゃんの娘ちゃんの事もカワイイです。

慎重に慎重を重ねたい

「組み合わせ」なので

色々考えた結果「お泊り体験」。

要はトライアルとして

いったん、こひめは旅立つ予定です。

 

 

 

トライアルとはいえ、

一番開口する窓の脱走防止だけは

お願いしているので

その準備が整い次第、「お泊り体験」に

こひめは出かけます。

お泊り体験がうまくいったら

お見合いの様子なども書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160830101214j:plain

あのね、しじみもお接待したの。

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

しじみ、愛想はありませんでしたが

Wちゃん、娘ちゃんが遊びに来た日

なんと「なでなで」させてあげた

んですよ~!!! 

 

 

 

さて、「お泊り体験」どうなるでしょうか?

Wちゃんは、緊張が続いているそーです。

命を迎えるって喜びと一緒に

緊張が伴うもんね。

 

 

 

こひめも、緊張するかなーーーー?

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20160831092119j:plain

 こひめ、わかんなーーーーーいい!

 

 

 

 

そだね。

こひめちゃんには想像もつかないよね。

でも、

Wちゃん家族と仲良くなれそうだったら

・・・・嬉しいな。

 

でもでもでも、

皆皆みーーーんな、無理はしなくて

良いんだよ。

こひめちゃんも、娘ちゃんも

まだまだ無理は覚えなくて良い年齢。

責任なんて感じなくて良い年齢。

 

 

ドキドキ、しています。

 

 


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito


<スポンサーリンク>