読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



ネコトヒト,nekotohito
しじみ

nekotohito






<スポンサーリンク>



ののこのこと。

猫の2頭飼い

 

 

 

 

9月の最終日の昨日は

チーと2人、楽しみにしていたお出かけでした。

 

神宮のレフェクトワールというカフェで

落語。という不思議な体験。

桂雀々師匠の「落語ソワレ」が

あったのです。

一番前の席に座ったので師匠までの距離が

2メートル程度。

タケオキクチビルの3階という事で

落語の前にトークショーがありましたが

衣装は

タケオキクチのコレクションラインを着こなし

内容も「若かりし頃」のファッションの話題

という意外性のある内容でしたが

私達と10歳違いの師匠の話は

当時「ファッション命」だった

私やチーにとっては

「わかる・わかる」という感じで

今はなき、懐かしのブランド名も

ポンポンでてきて、笑っちゃいました。

長年関わっていたアパレル業界からはなれ

ほんの数ヶ月なのに

ファッションの話ばかりしていたのが

なんだか遠い昔のようにも思える不思議……

 

 

落語は、いつもの桂雀々師匠の

圧巻の熱演で

本当に楽しい夜でした。

今、いくつかある気がかりを

つかの間わすれ、おおいに楽しみました!

 

 

さて。

今日の話はののこです。

 

 

 

素直な、ののこ。

無邪気な、ののこ。

やさしい、ののこ。

 

 

我が家においての、「ののこ評」は 

だいたいこんな感じです。

 

かなり慣れてきてくれて

「お客さん」感はありません。

スッととけこんでくれています。

 

 

最近、少し「困る」のは

朝、寝室のドアをあけると

ペタリと伏せして待ってる事があります。

かわいすぎて、

けなげすぎて、切ないです…

ですが、夜はしじみの安住タイム。

日中、悪気なく、しじみを追いかける事がある

ののことのバランスを、

ここでとっている部分もあるので

変えられません。

これからの季節、廊下は冷たくなりますので

夜は、ベッドを置いておくとか、

何か工夫が、必要ですよね。

考えなきゃです。

 

 

そんな、かわいらしい「ののこ」ですが

少し気にかかる事があります。

95%は「無邪気成分」がたっぷりで

楽しく暮らしてくれていると思いますが

5%くらい?

 

 

チーとはたぶん、

過去の「トラウマ」かな・・・

と想像しているのですが

 

このところ、我が家に修理などで

立て続けに人の出入りがありました。

男性の二人組などです。

 

以来、ののこが非常に

デリケートな様子を見せるように

なってしまったのです。

 

 

 

普通に無邪気に遊んでいて

いったい何に反応するのか

「ハッ」という感じで目を見開きます。

こうなると

ののこの目にそれまで一緒に遊んでいた

私もおもちゃも瞳にうつっていません。

そのまま、ダダダダーーーーッと

逃げて、身を潜めてしまうのです。

 

 

私達が出かけるために

着替えをして「いってくるね」の

挨拶をしてもそういう感じになる事が

あります。

「知らないもの」を見ているような感じで

なんというか瞳にうつらないのです。

慌てふためいて隠れてしまいます。

 

 

 

 

常時、というわけではないのですが

何かの際に「スイッチ」が入り

非常に怯えるそぶりをみせます。

最初の頃は

気が済むまでそっとしておいたのですが

これが、なかなか気が済みません・・・

 

無邪気な姿からガラリと変わって

「ウチに来たころ」のような

「陰」を醸し出すのです。

 

 

色々考えて

「そっとしておく」がセオリーですが

あくまで「ののこ」に対してですが

有効と信じ、

せっかくののこが隠れていても、

このところ

けっこう無理に引きずり出しています。

爪を立てて敷物などを掴んでも

かまわず敷物ごと引っ張り出し

無理やり「抱っこ」します。

 

 

 

 

どうしたの?

怖くないよ?

だいじょうぶ?

私だよ。

大丈夫。

ののちゃん。かわいいね。

好きだよ。

大好きだよ。

 

 

 

 

「爪をたてて」と書きましたが

私に爪を立てることはありません。

怒る事もありません。

無理やり「抱っこ」ですから

最初は瞳に私を映さず

もがいていおり、可哀そうに

心なしか息があがりますが

ずっと話しかけていると

だんだんと落ち着いてきます。

そっと降ろすと

そのまま横に寄り添ってくれます。

いつもの「ののこ」がかえってきます。

 

 

 

ののこ。

まだ一緒に暮らし始めて4カ月弱。

ののこの本来の無邪気成分が

体の中で。

心の中で。

100%になって

みっちみちに詰まってくれる日が

早くくるといいな、と思います。

 

 

 

なんだか文章ばっかりになりました。

怖がるののこの写真は

さすがに撮る気になりません・・・

ですので

最後にまとめてここ数日の

「しじのの」写真です。

 

 

 ののこ。

珍しく、お耳ピン!ですが

これは怒っているのではなく

「きかんぼ」お耳。

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161001092435j:plain

ヤです!

 

 

 

 

ののこの「きかんぼ」が出るのは

この時だけ。

対しじみチャレンジ!中です。

 

 

ののちゃーーん、

しじちゃん、それ以上近いと

イヤみたいだよ。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161001092437j:plain

でも、ののこ、もうちょっと

しじみさんの近くが良いんですよぅ

チャンスですし!

 

 

 

 

 チャンス……ねぇ。

しじー、ののちゃんが

おとなり行きたいみたいだよ……

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161001092433j:plain

チャンスじゃないし!

こっちこそだし!

 

 

 

 相変わらずでございます。

 

 

 

 

このところ

おひさまがなかなか

ご機嫌うるわしくありませんが

やっとピカピカの日。

 

 

ピカピカすぎると窓ぎわはあついです。

しじののには

それぞれ定番の「対策」があります。

 

 

 

ののこは

IKEAのドールベッドの下で

お昼寝満喫。

かわいいあんよとおしっぽがチラリ。

 

f:id:hiraryo0201:20161001092455j:plain

 

 

 

しじみはダンボールルームの中に。

こちらもお昼寝満喫。

狂おしいほど愛らしい寝顔です。

 

 

f:id:hiraryo0201:20161001092459j:plain

 

 

 

 

 

それぞれの「定番」のハズが・・・・

あららららら???

のの!

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161001092511j:plain

しじみさんとお揃いです!

 

 

 

 

 

 

ちゃっかり入っていました。

( *´艸`)

 

 

 

 

ののこに心に残る

「何か」。

早くやっつけられますように!!