読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。


ネコトヒト,nekotohito
バドくん

nekotohito




<スポンサーリンク>



しじみ家に「あのときの茶トラ」参上!!前編

 

 

 

 

 

 

この1週間と数日。

何度この写真を見返したかわかりません。

 

 

 「幸せ通信」です。

 

 

「あこみこ」改め「ミオマオちゃん」パパに

いただいた、近況。

幸せそうな可愛らしすぎる、近況。

「こひめ」改め「りんちゃん」の

門出を祝って送ってくださったのです。

姉妹かもしれないこひめを

心にかけて下さっていたそうです。

 

 

えっと・・・

PDFを閲覧は出来ても

保存できないので(お金を払っていない)

パソコン画面を撮った為

残念ながら少し暗いですが・・・・

f:id:hiraryo0201:20161005083925j:plain

 

 

 

 

ミオマオちゃん

なんかムッチムチじゃないですか?

栄養満点な感じ……

たまらなく可愛いんですけど!

幸せがつまって、ミッチミチですよぉ!

 

マオちゃんたら、もう本当に

正統派かわいこちゃん・・・・・

右端中央の写真なんて

相変わらずのモデルさんぶり・・・

なお、ミオちゃんの独特の可愛さは

「多部未華子」ちゃん似だと思うのですが

いかがでしょうか?

私は多部未華子ちゃんが大好きです!

 

 

 

 

「りんちゃん」も、しあわせいっぱいです。

2歳に満たないお姉ちゃんとの暮らしは

元気で明るいりんちゃんには

相性バッチリだったみたい。

少し、緊張する組み合わせでしたが

結果オーライで本当に良かったです。

ママは、さらに1日が短くなったそうです。

そりゃそうだよねぇ!!!

 

 

 

お姉ちゃんと仲良しタイム。
f:id:hiraryo0201:20161004105456j:image

 

 

 

 お姉ちゃんと、

歯磨きおもちゃでお遊びタイム。

f:id:hiraryo0201:20161005083121j:plain

 

 

 

なんとまぁ・・・・

人と猫の「姉妹感」の破壊力たるや・・・・

可愛すぎですよ・・・

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20161004105522j:image
おねーちゃんといっぱい遊んで

りん、おねむになっちゃった・・・・

 

 

 

 

ベッドも我が物顔!?

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20161005083132j:image
これ、りんの!

 

 

 

 

 

 

 ミオマオちゃんも。

りんちゃんも。

それぞれのカタチで「姉妹」で幸せ。

本当に嬉しいです。

 美少女たちと過ごせたのは

本当に楽しかったな・・・・・

 

 

 

 

 さて、タイトルの本題です。

この「幸せ通信」を何度となく

見返して励まされていました。

 

 

 

理由は

この日に書いた、「茶トラ」です。

確実にあこみこちゃんの家族です。

たぶん、こひめちゃんも。

 

 

 

 

hiraryo0201.hatenablog.com

 

 

 

 姿を消していたのに

実は

「こひめ」を保護した数日後

忽然とママ猫が茶トラを連れて現れたのです。

こひめを探しに来たの???

 

 

他にも「餌場」があるらしい親子は

定期的ではありませんでしたが

我が家に通うようになりました。

 

 

茶トラは、ママ猫にべったりです。

ですが生後4か月。

そろそろ子離れする時期です。

すぐにでも保護したい所ですが

ママ猫の目の前で保護する勇気がなく

子離れと同時に決行する事にしました。

運よく

ママ猫はうちのあたりの「シマ」を

仔猫に与える事にしたようです。

また、食事も時間が徐々にわかれ

そのうち、一緒になってもママ猫が

茶トラを叩いて寄せ付けまいとしたり

茶トラが鳴いてママ猫を探す姿を見かけたり

「子離れ」の時期を

はっきりと感じ取る事が出来ました。

 

これまで「どこからともなく」

やってくる親子は食事の時間以外に

姿を見かけた事はありませんでした。

メインの「シマ」は他にあったようです。

ですが

この時期は姿を見かけるようになり

茶トラは日中、お隣さんの車の下に

いたりするようになりました。

 

 

他に猫がいないこの一帯を

ママ猫が調査のうえ安全と判断し

子供に与えたのかもしれません。

 

 

保護のタイミングです。

 

 

 

*なお、色々複雑な心境なので

詳細な気持ちは書きませんが

読んで頂いている方の中に

気になる方もいらっしゃると思うので

今回に限りふれておきます。

ママ猫は、うちにちらちら姿を見せて

くれている間になんとかTNRを

したいと思っております。

一応、手術の予約もとりました。

失敗を愚痴らない限り、

TNRできたんだな、とご想像ください。

 

 

 

まだ、ママ猫と来ていたころの茶トラ。

この頃から日中も見かけるように

なり始めました。

たぶん、男の子かな??と

「ボク」と呼んでいました。

お目目ぱっちりの姉妹に対し

こういっちゃナンですが

なんともいえないおめめ・・・・

「困ったような」少し

情けないお顔をしています。

そういや、1度この子をつかまえた時も

緊迫していたのに

ちょっと笑っちゃったんだよな・・・・

 

 

 

 家の窓から急いで撮りました。

非常に警戒心が強く

なかなか撮れませんでした。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161003092458j:plain

 

 

 

 

子猫なので

毎日ごはんをあげていたら、

懐いてくれたりなんかしちゃって

捕獲箱は、使わなくてもいいかも?

などど思いましたが甘かったです。

慣れる様子は全くありません。

今回も捕獲箱のお世話になりました。

 

 

仮のお名前は決めていました。

「つぶら」。

ちいさなおめめがカワイイ

「つぶら」くん?ちゃん?

 どっちかな・・・・

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161003092511j:plain

 

 

 

しじみ家にようこそ。

この日を待っていたよ。

 

 

 

これで「あの時」の仔猫は

みーんなみーんな保護出来ました。

 

 

つぶらくん。

つぶらちゃん。

一緒に本当の家族を探そうね。

 

 

 

ここまでは

「こねこ、保護しました。」

てんやわんやほっこり、の流れのハズ・・・・・

でしたが・・・・・

 

 

ヒィイイイイイイイイ!!!

 

 

 

 

たったの生後4か月。

まだまだ子供です。

 

ですが・・・・・

 

ママ猫(なかなかのつわものさんです)

ビッタリしっかり

「英才教育」を受けたのでしょう。

 

 

「捕獲箱」からの~

からが、予想だにしない

凄まじい事になったのです。

 

 

 

毎日毎日

せっせと更新しているblogです。

子猫ですから

サクッと性格や体調を掴み

スピーディーに募集を開始したい所です。

「書かない」理由など何もありません。

 

だのに~

な~ぜ~

書かなかったのかぁ~

 

・・・・・・

・・・・

・・・・

書けなかったんですよ・・・・

この1週間と少し、は

戦いにも似ていました・・・・

 

 

9月27日のことです。

 

 

捕獲箱の中の茶トラは

ホッとするのもつかの間

1枚写真を撮ったあと移そうとすると

信じられないほど暴れ始めました。

洗濯ネットに移そうとしましたが

捕獲箱の開口口にぶら下がり

暴れまくるのでどうにもなりません。

それでもなんとか開口口から離れた隙に

洗濯ネットに移そうとすると

一瞬の隙をついて脱走したのです。

 

我が家の玄関の

傘立て、椅子、花瓶

絵画、その他もろもろ

飾っている小物たちを

一瞬の間にすべてをなぎ倒し

(花瓶が割れなかったのがせめてもの救い)

恐ろしい声をあげながら

今度は居間への扉に向かい

なんども飛びつき引っ掻き

扉を開けようとしました。

無理とみるや

次に玄関扉にむかい暴れまくります。

 

恐怖におののき

いっそ逃がしてしまおうかと思うほどです。

気を取り直して、

隙をついてバスマットを取りにいき

暴れまくる茶トラの上からかぶせ

なんとかキャリーに押し込みました。

 

 

キャリーの中でも怒り狂い暴れまくり

出したが最後・・・という感じだったので

病院で今回は血液検査は諦め

とりあえず

ワクチンやノミなどの最低限の処置をお願いしました。

 

 

 

とてもじゃないけれど

「子猫保護しました♪」なんて状況にあらず・・・

だったのです。

そういうわけで、何度も「幸せ通信」を

見返し自分を励ましていました・・・

 

 

 

とにかく、「なかなかな、状況」なので

これではお世話もままらならいと

トイレや食事の世話の際に

隔離というか、分断できるよう、

チーがケージを工夫しました。

 

 

f:id:hiraryo0201:20161004113526j:plain

 

 

f:id:hiraryo0201:20161004113533j:plain

 

 

ちなみに、このパッキンたちは

齧りまくられて

ボロボロですが

この工夫は非常に役に立ちました。

 

 

 

 

茶トラは先生のアドバイスで

ネットから出さず口をあけて

そのままケージにIN!

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161004113536j:plain

 

 

 

 

 

 

初日は、こんなスタートでした。

 

 

 

 

そして、そこからがまた、

「なかなかな、状況」で

5日間、嘘偽りなく

ほぼ絶え間なく絶叫しつづけました。

 

しじののが落ち着かないのはもちろん

私達も参りました。

 

こひめも3日3晩夜鳴きしましたが

比べものになりません。

「鳴く」ではなくまさしく「絶叫」です。

しかも、ほぼ絶え間なく。

 

 

布で覆ったりしてみても効果は

ありませんでした。

というか布を引き込み引きずり落とします。

 

 

シャー、空気砲、タンッ!ガッ!ウーーーッ!

威嚇がすさまじいのは書くまでもなく

いったいどうやっているのか

ケージのから半径30センチ!程度のものは

カーテン、敷物!、次々にボロボロに…

 

 

生後4か月のチビっこの話ですよ

(*_*)

 

 

ご飯も、水も当初は全く受け付けず

ひっくり返してグシャグシャにするばかり。

水を器からケージに取り付けるタイプを

買って、変えてみましたが

いったいどうやるのやはりビシャビシャに

なってしまいます。

 

 

 

 片付ける、グシャグシャビシャビシャにされるのループ……

 グシャグシャは困るけど

何より食べないのは本当に困る。

 お外で出した時には夢中で食べていた

ウエットご飯も頑として受け付けません。

 

 

多少の戸惑いはあるだろうとは

思っていましたが

ほんの1か月違いのこひめは

シャー程度で

子猫ならではの、柔軟性と無邪気さで

可愛いものでした。

まさか、こんなに違うとは…………

 

 

 

成猫ならともかく

子猫にあまりにも威嚇されると

正直かなり凹みました。

絶叫しつづけ、

食べず、寝ないせいで子猫なのに

疲れ切った顔をしているのに

物凄い形相と、気迫で怒り続けるのです。

なんという強情さ……

 

 

どうにもできず

見ているのがツラかったです……………

疲れきった怒れる子猫、なんて

見たくない……………………

 まさか、こんな事になるとは・・・

 

ですが、

絶叫は続くものの

3日目、少しご飯に口をつけてくれ

小が、出ました!

 

 

5日目には、とうとう

ご飯をひっくり返すのは止め

もりもり食べて、トイレも順調!!

やったーーーーー!!

絶叫は変わらず続くものの

少しは寝ている時間もあるようでした。

 

 

あー、もう、本当に嬉しかったです。

寝食不自由ない暮らしをして欲しくて

保護したのに

どちらも何もかもすべて拒否し続けられて

本当にしんどかった………………

 

 

そして、

1週間がすぎたころ、

ようやく「絶叫」は収まり、

「鳴き」声に変わりました。

 

 

今はよくやく

「怒り」よりも「怯え」と、

「どう振る舞ったら良いのかわからない戸惑い」

が小さな体にパンパンにつまった様子で

相変わらず鳴いてはいますが、

睡眠はとってくれるようになり

少しは「鳴いていない時間帯」が

出来るようになりました。

 

 

 

 

あ、名前は

「つぶら」から改名しました。

「つぶらちゃ~ん♪」ってカンジじゃ

なかったんですよ・・・・

ないですよね・・・・・

 

 

 

 

ネットからも

頑として出てこなかったので

外からなんとかネットとバスマットを

剝ぎ取った直後だったので

一瞬固まった隙に写真を撮りました。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161005091437j:plain

やる気かオイ!

やってやんよ!

 

 

 

 勘弁してくれよー

ところで

ん??

あれれれれれーーーー???

 

 

正直こういっちゃナンですが

「すっごい美人ぞろい」のきょうだいの中

この子だけ「・・・・ぶさかわ系?」

里親さん、決まるかしら……

と思っていたのですが

 

 

 

なんかすごい、こまりがお・・・・

f:id:hiraryo0201:20161005092618j:plain

 

 

 

なぜか

めちゃめちゃかっこいくなってる!!!

 目周りが赤く

何かの病気かと心配していたのですが

ぱっちりくっきりぴかぴか!

 一瞬、あまりの変貌ぶりに

違う猫を捕まえたのかと思ったほどです。

 

 

 

猛々しく怒る様は、カッコよくもあり

私は「虎」を思い浮かべ

チーは「龍」だといいます。

どちらにせよ「つぶら」じゃないです。

 

 

 

「龍!」「虎!」

いや2人の意見をとって

「龍虎!それじゃお相撲さんじゃん!」

など揉めつつ

 

 

目の前の怒れるハンサムな子猫が

怒りの鎧を脱ぎ捨て。

怯えなくても良いという事を理解し

子猫らしい無邪気さを

もって欲しくて

仮のお名前には目の前のイメージから

少し「抜け感」をプラスし

 

 

仮名「りう」にしました。

変な名前(*´з`)!

 

 

 

「りっくん」とも呼んでいます。

1週間もたつころには、さすがに慣れるだろう。

幸せ通信とともに「子猫保護しました♪」

のblogを書きたいと思っていましたが

「慣れ」を待っていたら

いつまでも紹介出来無さそうなので

公開に踏み切ってみました(*´з`)

 

 

へへへ

 

 

 

「りう」なんて妙な名前から

ハンサムなかわいい茶トラっこに似合う

すてきな

「本当のおなまえ」を考えてくれる

ほんとうのおうち、が見つかりますように!

 

 

募集しなければ何も始まりませんが

さすがにこの状態ではなかなか・・・

なので、

なんとか

「りっくんと仲良くなろう大作戦!」を

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161003100531j:plain

なんかさー、すっごい騒がしいんだけど!

 

 

 

 

 

・・・・だね。

気になる・・・・???

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161003100535j:plain

フンっ!当然でしょ!

 

 

 

 

だよね・・・・

しじからも、りっくんに怖くないよって

言ったげて!って、言わないかーーー

はははははーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito



<スポンサーリンク>