読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。


ネコトヒト,nekotohito
バドくん

nekotohito




<スポンサーリンク>



りうくん通信【vol.5】

 

 

 

 

 

 

まだまだ緊張状態が続く

りっくんです。

けれど、私の「緊張」は多少

緩まってきました。

りっくんが「怖がり」なだけで

「野性味あふれる凶暴系」ではないと

確信が持てたからです。

 

 

どんな猫でも心を開かせるポイントは

何かあるのだと思います。

ですが

「猫暮らし」初心者の私には

少し荷がおもく、りっくんが「凶暴系」だと

まだまだ子猫のりっくんなのに、

幸せ探しに時間がかかってしまうかも知れません。 

 「凶暴系」よりは

「怖がり系」のほうが

私でもなんとかなりそうな気がします。

・・・たぶん・・・・

 

 

 

 

「何があっても終生飼育。 

そして、

何より日々を手厚く大切に濃密に過ごす。」

 

 

我が家のキャパは大きくありません。

 「うちのこ」はフレンドリーな性格ではなく

なおかつ

「注目を一身に浴びたい」性格なのです。

 (とくに1匹)

 

 

子猫のりっくんに最適な環境ではありません。

ハンサムりっくんには「主役」が似合います。

りっくんが主役となれるおうちとのご縁を

手繰り寄せたいです・・・・

 

 

 

先日も書きましたが

朝は0(ゼロ)からのスタートです。

りうに出来る「こわいやつ」を

あいかわらず

サービス満点で全部披露してくれます。

 

 

まぁ、こわーーーーーーーい

(^O^)

(こんな感じでせめて、

心の中でふざけてやり過ごします。

慣れてくれない・・・

落ち込んでも仕方ないですよね)

 

 

 

ですが

本日はりっくんが「凶暴系」では

断じてない、という件について

書きたいと思います。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006110936j:plain

ウーーーッ!誰だ!!

 

 

 

 

りっくんが齧りつくすダンボールは

下に置きます。

隠れ場所として、2階に置いていたのですが

齧る最中

落下してロープのせいで

行き来できなくなる事がありました。

 

 

2階は隠れ場所のかわりに

布をかけて落ち着けるようにしています。

ま・どうしたって落ち着きませんけど!

 

 

 

なお、「ごはんを出す」行為は

これまでりっくんが2階にいる間に

済ませていたので

りっくんにしてみれば

「いつの間にか」ごはんがある、という状態です。

「ごはん」=私 がつながるよう

目の前でごはんを出す事にチャレンジしてみました。

 

 

先ずは器を下げます。

手を入れられるのはかなり怖がりますので

最初のほうだけ、火おこし用の

アウトドアの皮手袋を装着していました。

手袋は、かえって怖がると読みましたが

さすがに怖くて素手ではとても無理でした…

パンチがガンガン飛んできますが

これなら大丈夫。

 

 

 

りっくん、器下げさせて???

怖いよね。ごめんね。

・・・最初は固まっています。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111024j:plain

・・・・・・・・

 

 

 

 

怖がりの、りっくんをじわじわ襲います。

うぅ…手袋怖いよね、ごめんなさい。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111016j:plain

ヒィーーーーー!

こーーーわーーいーーーー

 やーーめーーーろーーーー

 

 

 

器をとるところで

パンチパンチ!

でも、痛くないもんねーーーーー

この手袋は頑丈なんだ!

なお、パンチは執拗ではありません。

 

 

さて。洗ってピカピカにして

大盛りごはんの 器を入れました。

「ムムム!?」のお顔。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111046j:plain

何かキタ!!!

 

 

 

 

なお、バックのベージュのカーテンが

見えますか???

「透け感」がありますが

これ、厚手の遮光カーテンです。

スラブ生地のようになったのは

「りうの仕業」( *´艸`)です。

*ニトリの安カーテンです。

 

 

カーテンだけでなく、まわりの

どんな生地も物も成敗したりっくんですが

なぜか、今ケージにかけている布は

成敗しません。不思議・・・・・

 わりと粗い目の生地でいかにも

引っ掻きやすそうなのですが・・・

「読めない男・りう」です。

 

 

 

ヒコーキ耳で佇むりっくん。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111049j:plain

・・・・・・・

 

 

 

 

うーうー警戒中の合間に

こんなカワイイお顔が撮れました!!

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111058j:plain

実はハラペコ!

 

 

 

 

 

まだ、りうくんが「食べている」お顔を

ちゃんと見たことがありません。

用心深いりっくんは

決して目の前で食べてくれないのです。

たぶん

すぐにも、食べたいでしょうに。

やせ我慢しています。

 

 

そうそう、「凶暴猫」ではない証拠。

 

 

 

ケージの扉は万が一にも開かないよう

開閉の都度

厳重にマジックテープで留めます。

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111000j:plain

 

 

 

 

力を込めて巻き付けますので

少し時間がかかります。

ガシャガシャ音がなりますので、

怖くて、りっくんは見つめながら

必ずウーウー怒っています。

 

 

素晴らしい身体能力をもつ、りうくんです。

飛びかかってきて

噛み付かれたり 

ひっかかれたら、どうしよう。

最初は少し緊張しましたが

(というか、手が震えました。。。ヘヘ)

「凶暴さはない」と判断した自分を信じ

この場合は、皮手袋は使用せず

目の前でも素手で巻き付けました。

 

 

万一怪我したら

朝なので病院に駆け込めばよいでしょう。

オーバーですが、初めての時は

深呼吸して手を突っ込みました。

 

しじみには、叩き癖がありますが

ストロークが短いので、滅多に届きません。

しじみが、脅し程度なのもあると思います。

ですが

数回ですが、本気で目を狙ってきた時が

ありました。

「本気の猫」は、人間には太刀打ち出来ない

スピードがあります。

しじみより、明らかに身体能力が高い

りうくんが本気を出したら

…どうにもならないです。

 

あぁ…けれど。

想像通り

りっくんは

飛び掛かって叩いたりなどしませんでした。

やっぱり怖いだけなんだな。

 

 今は、りっくんが

どんなに「こわいやつ」を披露していても

安心して?素手で開口作業をしています。

 

 

 

 手袋は、やはり怖いかも、と

何回か、りっくんの目の前の器交換の際

使用しましたが、今は、目の前で

準備している様子を見せて、別の階に置いています。

 (さすがにバシバシパンチを素手で

受け止める度量はなく・・・)

 

 

うまく写真がとれませんが

指を差し入れても大丈夫。

遠巻きに怖がっているだけ。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006111108j:plain

 

 

 

 

「皮手袋を使っていた」などと書くと

いったどんな凶暴猫なのか、と

不安に感じられるかもしれませんが

まだ、

人慣れしていない緊張状態のりっくんに

「ごはんを目の前で出したい」という

私の希望によるものなのと 

私が「根性なし」なのもあります。

少し、

りっくんに無理をさせているのです。

色々読んでみると、引っかかせて

それでも、この人は何もしないと理解させるべし。

なんて書いてあったりもしましたし…

 

 

 

 

りうくんは凶暴ではないです。

 

 

 

りっくんと私達は今

「綱引き状態」です。

この勝負には絶対に負けるわけには

いかないんです。

 

 

硬直状態でもあり

なかなか勝負は進みません。

けれど

私が、勝ちます。

勝ち負けじゃ、ないんですけれど。

 

 

 

 

りうーーーーーーー

私ねーーーー

怖くないよーーーーー

なかよくなりませんかーーーーーー

一緒に家族探しの旅にでようよーーーー

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006110915j:plain

・・・・・・

 

 

 

 

りうくん王子。

あさっての方向を向いて

無視しておいでです。

( *´艸`) 

 

 

 

 

 

*******************

 

 

 

 

りうくん部屋にいると

我が家のお嬢たちが交代で「迎え」に

来ます。

 

 

「おひさま」がぴかぴかの時は

迎えになど来ません。

 

 

*おなかすいた

*自分だけ仲間外れになっていないか確認

*相手してあげても良い

 

 

そんな感じの時です。

 

 

ドアは最初は閉めていましたが

今はわりと解放しています。

りうくんは少し興味があるようですが

お嬢たちは「無視」です。

 

 

それぞれ1、2度は室内に入りましたが

見てみぬふり。

基本的には、私に

「アナタ!こっちにいらっしゃいよ!」と

呼びつけます・・・・

 

 

 

こんな時も性格が出ますよ。

 

 

 

「呼びにきてあげたんだもん。

しじみについてくるでしょ!?」

おしっぽピーン!!

こちらを振り返りもせず

自信満々で私を従えるつもりのしじみ。

 私がついてくると信じ切っています。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006115010j:plain

いくわよ!

 

 

 

 

しずーーーかに。

たまに遠慮がちに鳴いて

アピールする、ののこ。

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161006115020j:plain

ののこと下に降りませんか・・・・

 

 

 

うーむ。

悩ましいですね。( *´艸`)

廊下のダンボールにご注目です。

りっくんのケージに入れて

居心地を良くするための小道具が

出番を待っています。

 

 

 

そろそろ入れてみようかな・・・

怖がるかな・・・・

思案中です。

なんせ、小さなおもちゃ、1個入れるだけでも

大騒ぎでしたので…

ほんとうはふっかふかにりうくん王子を

まみれさせたい・・・・


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito



<スポンサーリンク>