しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



<スポンサーリンク>



りうくん通信【vol.8】



<スポンサーリンク>



 

 

 

 

本日は、まずは前にチーが撮った

りうくんです。

鼻血ブーーーものの

少し衝撃的な美しいりうです。

 

 

「言葉はいらない」ので

先ずは写真だけご覧くださいませ。

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20161007111337j:plain

 

f:id:hiraryo0201:20161007111252j:plain

 

f:id:hiraryo0201:20161007111307j:plain

 

f:id:hiraryo0201:20161007111320j:plain

 

f:id:hiraryo0201:20161007111325j:plain

 

 

 

 

りうくん、我が家の元祖「シャー姫」に

負けずとも劣らずの、「シャー王子」です。

シャー姫しじみは

ブログには少し控えめに書きましたが

我が家に来たころ私達の顔を見る度に

「息を吐くように・呼吸をするように」

シャーをおみまいしてくれていました。

 

とはいえ、触れましたし

現に保護にかかわった方々には

懐いていましたし

「時間が解決してくれる」と

「わかっているゴール」を待つだけでした。

 

 

 

りうくん王子は

人間との暮らしは初めてですので

いつかは時間が解決してくれる、の

時間が

数週間、なのか

数カ月、なのか

それともまさかの年単位、なのか。

何とも言えませんでした。

 

我が家の王子として迎えるのであれば

それでもかまいませんが

りうくんにふさわしいお家の王子様に

なって欲しいです。

そのためには、なんとか心の扉を開いて

欲しいものだ、と思います。

ですが

まさかの年単位、という事は

どうやら、なさそうな気がしています。

少しづつ、変化を感じています。

 

 

 

 

それにしても

毎回書いていますが

なぜか、カメラ目線はバッチリ決めてくれます。

不思議ですね

( *´艸`)

 

 

シャーポンタンッ!していても

カメラを向けるとグッとカメラ目線・・・・

私の想像(願望)ですが

りうくんは、今でこそ「こんな感じ」ですが

「あまあまあまえっこ」になる予定です。

ですので

「あのとき、こうだった」記念に

りうの「全力のこわいやつ」を

カメラで撮影しておきたいのですが・・・

なぜか、カメラ写りを気にする?りう。

なんだろな。

何事も思うようにはいきませんね。

(*´з`)

 

 

 

 なお、「ふわふわおもちゃ作戦」。

前回YouTubeの動画を貼りましたが

「良いカンジ」に進んでいると思います。

 

 

 

「良いカンジ」に進んできた道のりは・・・

 

 一番最初の

「絶叫マシン」と化していた頃は

本当に、いったいどうしたら良いのか

途方にくれる気持ちでした。

 

特に外に向かって叫んでいたので

かわいそうですが

あまり外が見えないようにしました。

 

そのうち、「絶叫マシン」から

鳴く、に変化してきた時は

目はあわせないように

気を付けつつも

声をかけたりかまったりしてみました。

 

ですが、かまう事は恐怖を増すだけで

効果を感じなかったので

同室にいる時は

少しは声をかけますが

あとは一切かまわないようにしました。

(それでも、可愛いですから

ついつい見てしまいますが・・・)

 

 

 

りうに歩み寄ろうとせず

歩み寄ってもらおうともせず

なんとゆーか、お互い「ただいる」だけ。

その間

私はミシンをかけたり作業をしています。

なお、

ミシンの音に最初は仰天していましたが

それは、なぜかスンナリ慣れてくれました。

ふしぎだなぁ・・・・

 

 

一緒にいると

 りうが、あーうあーうと鳴きますので

たまには

私も一緒に鳴きまねして鳴いてみたり、

人語で「どしたーー?」とか

返事してみたりしましたが

それは、りうには

どうでも良かった気がします。

 

 

まぁ、とりあえずは

りうに、こちらを「観察」してもらって

りうに、まずは状況に慣れて

もらおうと思いました。

 

 

そのうち、 

りうが、いつの間にか

鳴き続けるのを止めたら、お次は

本当にずっとずっと唸っていました。

ライオンとか、虎のこ、みたい。

ですが

だんだん、唸ることも減ってきました。

 

 また、

眠そうな時は「ぐずり鳴き」のように

大声を出していました。

 

 部屋を出てもしばらく盛大に鳴きました。

 

 

りうは、「人間嫌い」というより

「いったい、どう振る舞ったよいのか

さっぱりわからない」ようでした。

 

 

そうして

徐々に徐々に「鳴く」回数が減って・・・

 

 

一緒の部屋にいるうち、

まだまだ「うとうと」ですが

寝顔を見る事が、出来ました。

思わず、にんまりしました。

 

 

「あくび」の姿も見る事が出来ました。

胸がときめきました。

 

 

「んんーーーーーっ」

ノビをする姿も見る事が出来ました。

キュンと胸がしめつけられました。

 

 

 

ケージの隅から

子猫なのに

暗い目で怒っていた頃からすると

信じられない思いです。

ほんの、数週間前は

ロクに寝ずに、飲まず食わずで

怒り続けていたりうです。

ほんとうに、嬉しいです。

 

 

 

おもちゃですが、

最初はどうやっても怖がり

次は、怒りにまかせて

唸ったり叩いたり齧ったりしていましたが

徐々に「ふわふわ棒」で

「触られる」事に慣れてきて

今現在、「ふわふわ棒」は

大のお気に入りになりました!

 

 

 

そこで、最初は

悩みましたが、さらに1歩進めるために

思い切って数日前に

りうの「遊び相手」のダンボールくんを

取り払ってみました。

齧りまくって楽しんでいるようでしたので

りうの「ストレス解消」を取り上げるのは

可哀想でしたが、

せっかくふわふわ棒に慣れてきたので

たいくつさせてでも、意識を

ふわふわ棒だけにむけてみようかと

考えました。

おもちゃを操る人間の手に

慣れて欲しいです。

 

 

 

結果的に、それが良かったのか

どうかはわかりませんが、

最初は、ふわふわ棒以外は

差し入れられただけで

怯えまくって、

こちらをひたすら威嚇していましたが

他のおもちゃにも

目で追ったりと興味を持つように

なってくれました。

徐々に遊ぶようにもなっています。

 

 

そうそう、最初あんなに騒いでいた

ごはんも目の間で普通に取り替える事が

出来るようになりましたよ!

 

 

りうくん、怒っていますし

たまに手こそ出ますが

全く当たりません。

もしかしてだけど「口だけ男」!?

 

 

 

朝は変わらず

「警戒モード」は続いていますが

日中~夜にかけては

ずいぶんと慣れてきてくれています。

同時に、ケージの2階の扉を

日中、一緒にいる時間帯は

思い切って解放してみています。

 

最初は1階の扉を開けてみると

かなり怖がったので

先ずは2階から、開けてみました。

 

 

まぁ、ただ「開いている」だけで

りうくんは

出てくる様子は全くないのですが・・・

 

 

けれど、本当におおきな進歩を

感じます。

 

 

 

 

2種類動画をはっておきます。

(今回も止めながらですが

編集はしていないので長いです)

 

 

 1本目は前回とほぼ同じような感じです。

 私が少しビビッて

落としたクッションを入れる時

「投げ気味」なのは

ご容赦ください。へへ

 

 

こちらの動画は

「ここんとこ、毎朝この感じ」。

最初はあんなに苦労した「まんま」の時間も

難なくこなせるようになりました。

 おトイレのお世話も同じです。

 

 

 


怖がりの子猫、りうくん。その2

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 朝はこんな感じですが

日中~夜にかけて

かなり落ちついた様子を

見せてくれるようになりました。

↓のは、今のところ1度だけですが

「いっちゃんいいカンジ」になった動画です。

 

 

ふわふわ棒は「魔法の棒」???

この時はチーがごしごししていました。

どうやら

「強め」が気持ち良いらしく

こんなリラックスした姿も見せてくれました!

 

 

 


怖がりの子猫、りうくん。その3

 

 

 

これまで1階の扉をあけようものなら

怖がってたいへんだったのですが

この時は少し出てこようかと

迷うようなしぐさを見せてくれました。

 

 

 

まさかの、雪解け!?心躍りましたが

まだまだ、そういう事では

なさそうです。

 

 

 

なお、手は怖いようなので

あくまでりうくん主導でコトを進めようと

思っています。

 

 

りうくん王子

我が家に来て3週間目。

「変化」してきました!!!!

 


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito


<スポンサーリンク>