しじみの小部屋

猫のしじみちゃんと夫婦の暮らしです。新たに黒猫ののこが家族になりました。



<スポンサーリンク>



しじのの劇場その7~おたがいさまね~



<スポンサーリンク>





 

 

 

 

 

 

帰宅後、

たいてい、しじみはお膝猫。

ののこは寄り添い猫。

あまえんぼ嬢ですが

食器を洗ったり家事に追われていると

こんな

ほっこりしない場面を見かけます。

 

 

 

 

いや、通常なら

ほっこりねこ2匹♡ですが

いつ

叩き合いになるやもしれません。

 

 

 

でも、出来る限りほおっておくか

なんなら、しじみだけ

叱っていましたが

さいきんは、ののこも

平等に叱るようになりました。

 

 

 

 

「メッ!」

 

 

 

ま、双方聞きませんけどね。

( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

くつろぐしじみの横に行こうとして

諦めて上の段にいく、ののこ。

すでに、この光景は全く

珍しくありません。

 

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170520233839j:image

 く、くろいこ来たわ・・・・

いるわよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。くろいこののこ。

今はね、固まってるけど

たぶん、のぞくよ。

 

 

 

 

 

 

 

ほらね。

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170520233852j:image

 の:しじみさん・・・・・

し:くろいこ・・・・・

 

 

 

 

 

 

もの言いたげな、ののこ。

 

 

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170520233906j:image

 しじみさん、いますね。

隣に行ってみようかと思いますが?

 

 

 

 

 

 

・・・・・やめとこか?

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170520233919j:image

 くろいこ、しじみを見てるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。ガン見してるね。

 

 

 

 

 

暗い写真ですが、

しじみの表情が可哀想ですが、

どこか笑えます。

 

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170520233934j:image

 あのこ、またやってこないよね・・・・

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hiraryo0201:20170520233945j:image怖いってわけでも

ないんだけど・・・・・

 

 

 

 

 

 

迷う、しじみ。

 

 

 

 

しじみが迷うには理由があります。

実は、ののこには「前科」があるのです。

基本、しじみの事が好きなようですし

良すぎるぐらいお行儀の良いののこですが

ごくまれにほんの数分ですが

「野生の血」?スイッチが入り

ふぎゃおん!と騒いだり

しじみをブッ叩く事があるのです。

 

 

 

 

それだけならまだしも?

先日も、

しじみをこうして見つめるののこを

微笑ましく見ていたら

2段目から降りようとしたしじみに向かって

突然、なんとダイブして

しじみにたいそう叱られていたのです。

 

 

 

 

・・・・確かにそりゃ怒るわ。

 

 

 

 

 

とはいえ、ののこが来た時のように

怯えてはいないしじみは

激しい咆哮で応戦?していますので

心配はしないようにしています。

しょせん、流血沙汰の喧嘩には

なりませんしね。

 

 

 

 

というわけで

さいきん、しじみはののこが来ると

迷ったお顔でこちらを見ますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、「改装」前の出来事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20170602213349j:plain

くろいこきた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。来たし、見てるね。

 

 

ののこ。

しばらく、下で見つめていたのですが

良く見えないと

上にあがることにしたようです。

うー、頼むからダイブはやめてね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20170602213512j:plain

の:しーじーみさんっ♪

し:くろいこめーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20170602214539j:plain

しじみさんとこまで

ジャンプしてみようかな。

 

 

 

 

 

 

そりゃいかん。

ヤメロィ!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20170602214608j:plain

ちょっと、アナタ見てないで

くろいこどかしてよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どかすのは簡単だけれど

また来るよ?

しーちゃん、

しじのの問題はしじのので解決出来ない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiraryo0201:20170602214619j:plain

アナタ、無責任だわ!

 

 

 

 

 

 

 

・・・・と、しじみが思っているかどうかは

わかりませんが

まぁ、「おたがいさまね」。

なのでしょうか?

ののこは、

日増しに甘えん坊になっています。

もしかしたら、

以前は、しじみだけに向かっていた

仲良くしたい、が

今度は、

しじみがライバルになってきたのかなぁ?

でも、しじみにいっしょうけんめい

甘え声で呼び掛けたりもしますし。

 

 

 

 

うーーーん。

うーーーん。

 

 

 

 

 

猫の感情を、全て人間に置き換えて

色々納得しようとするのは

もしかしたら

おこがましいことなのかも、知れません。

私達に出来るのは

それでも、彼女達の望みを出来る限り

感じとって、気持ちに寄り添うこと、

なのかなーーーー?と思ったりしています。

 

 

 


猫グッズ&猫雑貨のネコトヒト,nekotohito
nekotohito


<スポンサーリンク>